世界的金融業者ロスチャイルド家の 専用のサービスでした。
近年では 故ダイアナ妃の ブライダルセレモニーに登場しております。 
木にかかる ネックレスは 元々の絵には無く ヴィクトリア女王が お庭でなくされたネックレスを 小鳥達が見つけて 木にかけたと言う 後世の故事にちなんで 描き加えられたものです。

ヨーロッパの祖母 英国のヴィクトリア女王とヘレンド
1851年 ロンドンの第1回万国博覧会で 英国のヴィクトリア女王から 大きなサービスを ご注文され 名乗を許された ヴィクトリアブーケ。これにより無名だったヘレンドが世に出ることになりました。

オジア・シェープ
ヘレンドの主流シェープ
マイセンの#01シェープに同じ





サイズ:25cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。
鳥の絵柄が異なる場合があります。

ロスチャイルド(英語)家(「ロートシルト」独語 「ロチルド」仏語)は、ヨーロッパの財閥、貴族。門閥として名高い。
18世紀後半にフランクフルトのユダヤ人居住区ゲットー出身のマイアー・アムシェル・ロートシルトが銀行家として成功し宮廷ユダヤ人となった。彼の五人の息子がフランクフルト(長男アムシェル)、ウィーン(二男ザロモン)、ロンドン(三男ネイサン)、ナポリ(四男カール)、パリ(五男ジェームス)の五か所に分かれて銀行業を拡大させた。
二男と五男は鉄道事業へ出資をして創設に関わった。この他、一家は近代化しつつあった郵便事業にも関わっていた。

ロンドン家はベンジャミン・ディズレーリ内閣のときにスエズ運河買収のため400万ポンドを年利3.5%満期36年で貸しつけた。ソシエテ・ジェネラルをつくって横須賀造船所と露清銀行へ資金を提供したり、地中海クラブを所有したりして、1961-62年にフランス国内全民間資産の6%を保有するに至った。鉱産資源は19世紀末ごろから本格的に開発している。

ロスチャイルド家を勃興させたのはマイアー・ロートシルト(1744-1812年)である。、商人というより銀行家に転じていた。その活動範囲もドイツに留まらず、ヨーロッパ中へと広がっていった。

ナポレオン戦争
自由主義をスローガンに掲げるフランス軍は征服地でユダヤ人解放政策を実施したため、ドイツ・ユダヤ人にとっては封建主義的束縛から解放されるチャンスとなった。
戦争の混乱の中、ドイツでは綿製品が不足して価格が高騰した。これに目を付けたマイアーの三男ネイサンは1799年からイギリス・マンチェスターに常駐し、産業革命で大量生産されていた綿製品を安く買い付けてドイツに送って莫大な利益を上げた。
その金を元手にネイサンは1804年からロンドンの金融街シティに移り、N・M・ロスチャイルド&サンズを創設して金融業を開始した。ナポレオンは1806年に大陸封鎖令を出して支配下の国々に敵国イギリスとの貿易を禁じたが、これがロスチャイルド家にとっては更なるチャンスとなった。
大陸封鎖令により大陸諸国ではコーヒー、砂糖、煙草、綿製品などイギリスやその植民地からの輸入に頼っていた商品の価格が高騰した。
また逆にイギリスではこれらの商品の価格が市場の喪失により暴落した。そこでロンドンのネイサンはイギリスでこれらの商品を安く買って大陸へ密輸し、それを父や兄弟たちが大陸内で確立している通商ルートを使って大陸各国で売りさばくようになった。これによってロスチャイルド家は莫大な利益を上げられた上、物資不足にあえいでいた現地民からも大変に感謝された。この独自の密輸ルートはイギリス政府からも頼りにされ、イギリス政府は反フランス同盟国に送る軍資金の輸送をネイサンに任せていた。
1812年にマイアーは死去した。マイアーは何よりも一族の団結を望んでいた。父の遺訓に従ってフランクフルトの事業は長男アムシェルが全て継承し、他の4兄弟は ウィーン二男ザロモン ロンドン三男ネイサン ナポリ四男カール パリ五男ジェームズが継承した。五家は相互連絡を迅速に行えるよう 独自の駅伝網を確保し、伝書鳩も飼育して緊急時にはこれを活用した。
こうした素早い情報収集が可能となる体制作りがロスチャイルド家が他の銀行や商人に対して優位に立つことを可能としたといえる。

ワーテルローの戦いの際にもロンドン家当主ネイサンはいち早くナポレオンの敗戦を知ったが、自分たちの情報収集の早さが他の投資家にも知られており、その動向が注目されていることを利用して、逆にイギリス公債を売って公債を暴落させた後、買いに転じてイギリス勝利のニュースがイギリス本国に伝わるとともに巨額の利益を上げることができた。(金のための悪逆非道)

ウィーン体制下
ナポレオン敗退後、フランス革命以前の旧体制が復古し、1818年10月 アーヘン会議でもロスチャイルド家は弾き出されそうだったが、この時にジェームスがフランス公債を大量に買って一気に売り払うという圧力をかけたことが功を奏し、オーストリア帝国宰相メッテルニヒから会議に招かれ、名声を高めた。
以降メッテルニヒとの関係が強まり、1822年にはロスチャイルド一族全員がハプスブルク家より男爵位を与えられ、また五兄弟の団結を象徴する五本の矢を握るデザインの紋章も与えられた。
権威は実を伴った。1825年の恐慌でイングランド銀行の救済に貢献し、後に公認の鋳造所を持つほどに同行との関わりを深める。この時期、ロスチャイルド家は鉄道分野や総合水道会社には熱心な投資を行っている。

衰退
19世紀後半の相次ぐ戦争と各国での国家主義の高揚により、衰退が始まった。
1914年に勃発した第一次世界大戦でロスチャイルド家は敵味方に引き裂かれてしまった。第一次世界大戦後のロスチャイルド家はこれまで投資した事業を守るだけで精一杯という状況にまで陥っていった。

ナチスによる弾圧
19世紀に栄華を誇ったロスチャイルド家も20世紀には衰退の一途をたどり、実際の財力より名前の威光ばかりが先行するイメージの存在と化していた。
しかし「国際ユダヤ資本」を陰謀の元凶とするユダヤ陰謀論に影響されたナチス・ドイツにとってはそのイメージは反ユダヤ主義プロパガンダの格好の材料であり、ロスチャイルド家は陰謀の黒幕扱いにされ ドイツ国内にあったロスチャイルド家所有の財団法人や慈善施設も経済や銀行業のアーリア化により財産放棄か二束三文で買い取られていった。
1938年にオーストリアがドイツに併合された際には、ウィーン家の者はほとんどがイギリスへ亡命していたが、当主であるL・N・F・ロートシルト男爵のみがウィーンに残っており、併合とともにゲシュタポに連行され 全財産没収と外国へ出ていくことに同意するのを条件に釈放され、アメリカへ亡命した。
1940年のナチス・ドイツのフランス侵攻でパリ家の人々の多くはアメリカへ亡命し、ロチルド家御曹司ギーはアメリカからイギリスにわたってド・ゴールの自由フランス軍に入隊した。自由フランス軍の財政は少なからずロスチャイルド家によって支えられていた。
ロンドン家は直接の被害を免れたが、大戦の影響でロスチャイルド家の衰退は更に進んだ。

戦後復興
イギリスの ロンドン スペンサー伯爵家の代々の邸宅。現在、イギリスの分家が99年の契約でこの邸宅を借り、ロスチャイルド卿の営む投資事業会社RIT・キャピタル・パートナーズの本拠地として使用している
パリ家の戦後復興は 1949年に ド・ゴール将軍やジョルジュ・ポンピドゥーの協力を得てパリ・ロチルド家の再興に成功している。
1981年に社会党党首フランソワ・ミッテランが大統領になった際に一時ロチルド銀行が国有化されたが、ミッテランの社会主義政策の失敗後、再建され、今日にいたっている。

現在、ロスチャイルド家が営む主な金融グループは3つある。
一つ目は Edmond de Rothschild Groupはスイスに本拠を置く金融グループであり、傘下に、ワイナリーなどがある。傘下企業の一つはスイス証券取引所に上場しており、2011年においてその総資産は140.2億スイスフランである。 二つ目はThe Rothschild Groupである。フランスのパリ証券取引所に上場する金融持ち株会社は 2012年においてその総資産は89.2億ユーロである。

スペンサー伯爵家から99年間賃借しているスペンサー・ハウス

三つ目は ロンドンのスペンサーハウスに本拠を置くInvestment Trustである。傘下のRIT Capital Patnersはロンドン証券取引所に上場しており、2012年において総資産は22.1億ポンドである。

ロスチャイルド家とワイン
ボルドーの赤ワイン生産者として、最高の格付けを得ている「5大シャトー」と呼ばれるブドウ園のうち2つが、ロスチャイルド家の所有となっている。シャトー・ラフィット・ロートシルト 1855年の格付け ラフィットが1級の評価、シャトー・ムートン・ロートシルトも、1973年、1級の地位を獲得する。

その後も一族は、カリフォルニアの「オーパス・ワン」、チリの「アルマヴィーヴァ」などのワインを手がけ、いずれも高い評価を獲得している。

ムートン・カデのラベル
1930年代には庶民にも手軽に飲める高品質のワインブランド「ムートン・カデ」を創り出した。シャトー・ムートンの技術と経験で造られた新作ワインが手頃な値段で楽しめるとあって、ムートン・カデの需要は徐々に高まっていった。今日ではムートン・カデはフランスで最もよく飲まれているワインとなっている。
世界中の人に愛されているブランドでもあり、2004年には世界で1500万本販売された。日本ではワイン専門店のみならずスーパーなどでも販売されており、日本人にとっても手軽に飲めるワインとなっている。

世界的金融業者ロスチャイルド家の 専用のサービスでした。
近年では 故ダイアナ妃の ブライダルセレモニーに登場しております。 
木にかかる ネックレスは 元々の絵には無く ヴィクトリア女王が お庭でなくされたネックレスを 小鳥達が見つけて 木にかけたと言う 後世の故事にちなんで 描き加えられたものです。

ヨーロッパの祖母 英国のヴィクトリア女王とヘレンド
1851年 ロンドンの第1回万国博覧会で 英国のヴィクトリア女王から 大きなサービスを ご注文され 名乗を許された ヴィクトリアブーケ。これにより無名だったヘレンドが世に出ることになりました。

オジア・シェープ
ヘレンドの主流シェープ
マイセンの#01シェープに同じ

ヘレンドには オジア,ロカイユ,リッセ,エステルハージ,シェープがあります。面白いのはバロックを代表する(マイセン#02,ジノリのベッキオ)をロカイユ(ロココ)と名付けています。ネオクラシック時代創窯のヘレンドにあっては 多分 時代を読み誤ったのでしょう? もしくは 歴史を古く箔付けするのに バロックでは誇張が過ぎるし ロココどまりにしたのでしょうか? 
1部学者に ロココを バロックの延長とする説はありますが バロックをロココとするのは 明らかな間違いです。

1864年閉窯の大先輩ウィーン窯の 受け入れは 絵のみ (金緑彩パセリ文, ワインリーフetc.) で シェープは デコラティブな貴族趣味を旨とする ヘレンドにあっては 奇を衒わぬ機能性を 旨とする ウィーンとは 相容れず その影響は見られません。

モンゴリアン・フン族が 一時 ヨーロッパを席捲しました。ハンガリーを主要領土とする 初の独立国家を 打ち立てました。 
やがて ゲルマン等に 押し返されるのですが ハンガリーは フン族が踏みとどまって 建国した 数少ない国です。(現ハンガリー第三共和国は ウラル山脈を起源とする マジャル人の896年をもって建国としている。
いかに調べても マジャル人がハンガリーに移住してきた頃で 建国とする根拠が判らないのです。当時 ハンガリーでは最大でも マジャル人48.1%で過半数に及んでいない。10世紀末に即位したハンガリー人の君主イシュトヴァーン1世(マジャル人の大首長)は、西暦1000年に本格的にキリスト教(カトリック)に改宗し、ローマ教皇からハンガリー王の戴冠を受け、西ヨーロッパのカトリック諸王国の一員であるハンガリー王国(アールパード朝)が成立した。
現ハンガリー第三共和国のヘレンドは 1996年を 建国1100年記念年として 清の花籠と カーニバルフィギュアを発表しました。)マイセンのシノワズリのコピーから やがて オリジナリティー・シノワズリへの発展は フン族の末裔の 血がなせる業でしょう。